ヴィンテージ・ストラト・ピックアップの特徴となっているのが、スタガード仕様のマグネット・ポールピースです。Raw Vintage Pickupsでは、フェンダー社で56年以降に採用された通称"トールG"仕様(3弦と4弦の高さが同一のもの)を採用しました。
Raw Vintage Pickupsのポールピースにはアルニコ5マグネットを使用しており、独自の工程を経て磁束を安置させる事で、各弦のバランスを整えています。また、磁束密度は6264モデルでは高めにコントロールする事で、オリジナル・サウンドをシミュレートしています。



RV-5661-Aged
50's tone with "aged" appearance
Position : Neck, Middle, Bridge

RV-6264-Aged
60's tone with "aged" appearance
Position : Neck, Middle, Bridge

RV-5661-NA(non aged)
50's tone with "non-aged" appearance
Position : Neck, Middle, Bridge

RV-6264-NA(non aged)
60's tone with "non-aged" appearance
Position : Neck, Middle, Bridge

MSRP:
"Aged" : ¥16,000/pc, ¥45,500/set
"non-aged" : ¥1,4000/pc, ¥40,000/set

Raw Vintage Pickupsのコイルの直流抵抗値は、5661モデルが5.8〜6.1KΩ程度、6264モデルには6.0〜6.3KΩ程度となるよう、ターン数、ワイヤーの選別で対応しています。コイルに使用しているマグネット・ワイヤーは、オリジナルと同様のAWG-42ゲージのヘビー・フォームバー被膜のものを使用していますが、AWG-42と言っても、ワイヤーの太さには工業規格における許容誤差範囲があるため、5661モデルよりも6264モデルのほうが細めなものを選定しています。テンション、レイヤーに関しても5661モデルよりも6264モデルのほうが、ややタイトに設定しています。
私共ではこれまでのオリジナル・ヴィンテージ・ピックアップのリワインド経験から、耳障りではない高域を維持しながら適度なミッドレンジを得るため、時にはワイヤー同士が密接に重なりあるよう、時にはワイヤー同士を離すという独自のレイヤーと、手送りによってワイヤーに与えられるテンションを再現したプログラムを施した上で、巻線機でワインディグを行っています。
コイル・ワインディング後には、独自のコーティングを施した上で含浸(ポッティング)処理。使用するワックスはオリジナル同様に、融点・粘度が低めのものを独自にブレンドしています。またオリジナルに準じ、5661モデルにはブラック・カーボン・パウダーを濃い目に、6264モデルには薄めにワックスの中へミックスしています。
Raw Vintage P.U 各部詳細説明
ポールピース
1. ポールピースについて
各弦のトーンがアンバランスにならないよう、ボビンを組み立てる前に一本ずつ着磁し、さらに独自の工程を経て磁束を安定させています。また、多くのブランドのピックアップでは着磁器で飽和状態までマグネットを着磁させることが普通ですが、私共では5661モデルは6264モデルより若干低めの状態で着磁させるなど、着磁の強弱をコントロールしています。

2.着磁の方向について
フェンダー社では61年の途中を境に、マグネットの着磁方向がそれまでのものと180°逆になりました。そこでRaw Vintage Pickupsでは、5661モデルは上面をN極に、6264モデルは上面をS極に設定しました。また、Raw Vintage Pickupsでは、オリジナル・ピックアップに忠実に再現した結果、ミドル・ピックアップ(センター・ピックアップ)はリバース(フロント、リアとは逆巻コイル・逆磁極)にはしていません。ミドル・ピックアップをリバースにすることで確かにハーフトーン時のノイズ軽減に効果的ですが、センター・ピックアップのポールピースが逆なことで磁力線が乱れ、トーンがスポイルされてしまう事を避けたかったのです。

3.ポールピース形状について
Raw Vintage Pickupsでは、フェンダー社のオリジナル・ピックアップが61年の途中にマグネットの質感が変更されたことも再現しています。5661モデルでは、ポールピースの上面・下面をグラインダーで削った非常に粗い仕上げを、6264モデルにはバレル処理によって滑らかな仕上げとなっています。ポールピース上面のエッジ部分に関しても、5661モデル、6264モデル共に、オリジナル同様の手加工による面取りが施されます。
本物のヴィンテージPUのコイルを分解・解析し、開発しました。
4.コイルについて
コイル使用しているワイヤーは54年から64年までと同様、AWG-42ゲージのへヴィー・フォームバー被膜のものを使用していますが、ワイヤーには工業規格における許容誤差範囲があります。そのため、入荷した時点で被膜を含めたワイヤーの直径測定、同一条件での直流抵抗測定を行い、モデル、ポジションごとに使用可能なワイヤーを選別しています。
5661モデルよりも6264モデルのほうが細めなワイヤーを選定して使用しています。コイルのテンション、レイヤーに関しては、5661モデルよりも6264モデルのほうがややタイトに設定しています。そうした調整により、5661モデルは直流抵抗値が5.8〜6.1KΩ程度、6264モデルは6.0〜6.3KΩ程度となっています。

5.コイルの含芯について
オリジナルと同様に、コイル・ワインディング後に独自のコーティングをコイルへ施した上で、ワックス含芯(ポッティング)を行なっています。こうした方法ではワックスがコイル内部に十分に浸透していかないためハウリング・マージンは低下しますが、中高域における倍音構成が複雑になる傾向があり、ヴィンテージ・ピックアップ特有の艶感を引き出すのです。

6.コイルのワックスについて
コイルのポッティングに使用するワックスは融点、粘度が低めのものをオリジナル・ブレンドにて使用しています。オリジナル・ピックアップに準じ、5661モデルにはブラック・カーボン・パウダーを多めにミックスしたワックスを、6264モデルには少なめにミックスしたものを使用しています。
クロスワイヤー
7.クロスワイヤーについて
アウトプットケーブルはAWG-22ゲージ/7本編みのコットンクロスワイヤーが使用されますが、近年入手可能なケーブルはビンテージに比べてコットン被覆の直径がかなり細いため、独自の手法でビンテージ同様の太さとカラーへMODしてから使用しています。
RV5661 Spec
  RV5661,Neck RV5661,Middle RV5661,Bridge
DC Resistance 6.0kΩ, +/-2% 6.1KΩ, +/-2% 6.2KΩ, +/-2%
Inductance 2.4H, +/-2% 2.45H, +/-2% 2.5H, +/-2%
Polarity Same as Fender '50s Same as Fender '50s Same as Fender '50s
Potted or Unpotted Wax Potted Wax Potted Wax Potted
Magnet Alnico5 Alnico5 Alnico5
Polepiece Spacing 52.0mm 52.0mm 52.0mm
Output Cable 2 Conductor 2 Conductor 2 Conductor
RV6264 Spec
  RV6264,Neck RV6264,Middle RV6264,Bridge
DC Resistance 6.1KΩ, +/-2% 6.2KΩ, +/-2% 6.3KΩ, +/-2%
Inductance 2.45H, +/-2% 2.5H, +/-2% 2.6H, +/-2%
Polarity Same as Fender '60s Same as Fender '60s Same as Fender '60s
Potted or Unpotted Wax Potted Wax Potted Wax Potted
Magnet Alnico5 Alnico5 Alnico5
Polepiece Spacing 52.0mm 52.0mm 52.0mm
Output Cable 2 Conductor 2 Conductor 2 Conductor
User comments
Michael Thompson
私は長い間、理想のストラトのピックアップを探し続けてきました。「Raw Vintage RV-5661」は、まさに私が探し続けてきたピックアップです。そのブライトでありながら太く丸みもあるサウンドこそが、私の理想とするものなのです。
Raw Vintageピックアップは、本当に素晴らしいピックアップです!
Michael ThompsonによるRaw Vintage PickupsのVideo
Chris Juergansen
I compared the RV-5661s in my Xotic guitar to the original pickups in my 1960 Stratocaster and have to tell you it is pretty damn close. Xotic has done a great job matching the vintage tone. I have the bridge pickup wired so that I can roll back some tone and get the perfect tonal balance between the three pickups. Rolling back the guitar's volume cleans up my sound without losing any tone, which is something I also look for in pickups. Thanks for making these Xotic!
Chris Juergansen's website
The Infinite Guitar
Distributde by Prosoundcommunications Inc.
pci-jpn.com